うつ療養生活の為のお役立ち百科

うつ病での療養・休養生活の為に知っていると便利な障害年金、傷病手当、精神障害者福祉手帳、自立支援医療、各種割引制度などの情報です。

障害厚生年金・障害基礎年金

障害年金はいくら支給されるか?(平成26年度)

2016/07/05





■平成26年度の障害年金支給額
平成25年度に引き続き、特例水準解消のため1.0%のマイナスに、物価調整プラス0.3%を合わせ、マイナス0.7%(昨年より減額)となっています。(6月支給分より)
平成26年度の支給額は、772,800円となっています。
同様に障害厚生年金も物価スライドにより、0.7%の減額となります。
国民年金加入者は、障害基礎年金を受け取ることができます。
■障害基礎年金の支給額
【1級】 772,800円×1.25+子の加算
【2級】 772,800円+子の加算

  子の加算
   第1子・第2子  各 222,400円
   第3子以降    各  74,100円
注)障害基礎年金は、物価スライド制をとっています。
 そこで、年により支給金額は変動します
また厚生年金加入者は、障害基礎年金に加えて、障害厚生年金を受け取る
ことができます。(支給額は両方を足した金額になります)
■障害厚生年金の支給額
 障害厚生年金の支給額は、支払った厚生年金の額により異なります。
 計算式は、以下の通りですが、大体の方は30歳前後で報酬比例の年金額
 は6~7万円程度目安になります。
【1級】
(報酬比例の年金額) × 1.25 + 配偶者の加給年金額( 222,400円)
【2級】
(報酬比例の年金額) + 配偶者の加給年金額( 222,400円)
【3級】
(報酬比例の年金額) ※最低保障額 579,700円

報酬比例の年金額の計算式
  
  {平均標準報酬月額×7.125÷1000×平成15年3月までの被保険者期間の月数
   +平均標準報酬月額×5.481÷1000×平成15年4月以降の被保険者期間の月数}
※被保険者期間が、300月(25年)未満の場合は、300月とみなして計算します。




-障害厚生年金・障害基礎年金