うつ療養生活の為のお役立ち百科

うつ病での療養・休養生活の為に知っていると便利な障害年金、傷病手当、精神障害者福祉手帳、自立支援医療、各種割引制度などの情報です。

会社を退職した場合の生活保障

うつ病で障害年金受給時に、会社退職後の国民年金加入した場合

2016/07/05





うつ病が長引くと、会社を退職せざる終えないことがあります。
その場合は、国民年金に加入することになります。
しかし、もし障害年金を受給している場合は、法律上法定全額免除となります。
市役所等で国民年金加入時に年金証書等を提示し、手続きをしてもらってください。
全額免除になると、国民年金の保険料は納付する必要はなくなります。
現在の計算上は、半額を払ったものとして将来の老齢年金が計算され、その分老齢年金が減ります。
通常、老齢年金支給年齢に達した時に、障害基礎年金を受給していると、障害基礎年金と老齢基礎年金のどちらかを任意を選択することができます。この場合、障害基礎年金と満額の老齢年金は同額ですので、障害基礎年金を選択することになります。
しかし、うつ病のように、回復する可能性の障害では、将来的に障害基礎年金を受給し続けられるかどうかはわかりません。通常は回復し、障害に該当しなくなって障害年金を受給できなくなる場合が多いでしょう。
その為、老齢年金をそのままもらうしか選択がないケースが想定されます。
したがって、満額の老齢基礎年金を受給するためには、全額免除された保険料を追納と言う制度を使って、遡って支払う必要があります。
追納は10年前の保険料まで可能です。
平成26年4月より制度が変更されています。
この記事をご覧ください




-会社を退職した場合の生活保障