うつ療養生活の為のお役立ち百科

うつ病での療養・休養生活の為に知っていると便利な障害年金、傷病手当、精神障害者福祉手帳、自立支援医療、各種割引制度などの情報です。

うつ病の見分け方

あなたは、本当にうつか?

2016/07/05





あなたは本当にうつでしょうか?
以下の症状があてはまると、うつ病の可能性があります。
できるだけ早く専門医に診せて下さい。

ではチェックです。

A. 以下の症状のうち 5 つ (またはそれ以上) が同じ 2 週間の間に存在し、 病前の機能からの変化を起こしている。これらの症状のう ち少なくとも1 つは、A1 憂うつ または A2 興味または喜びの喪失である

A1 ほぼ毎日、ほとんど1日中憂うつ。
A2 ほぼ毎日 すべて、またはほとんどすべての活動における興味、喜びの減退。
A3 食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加。
  またはほとんど毎日の食欲の減退または増加。
A4 ほとんど毎日の不眠または睡眠過多
・寝付けない
・夜中に起きる
・早朝に目が覚めてしまう
・寝過ぎ
A5 ほとんど毎日、動作や会話の速度が遅い。
  または気分が焦っている(乱暴な動きや早口など)。
A6 ほとんど毎日、疲れやすい。または気力がわかない。
A7 ほとんど毎日の無価値感。価値あるものなんて何もないと思う。
  または罪悪感がある。
A8 ほとんど毎日、思考力や集中力が鈍いと思う。
  または、何かを決めることがなかなか出来ない。
A9 死について繰り返し考える。または自殺したいと思う。
  (具体的な計画があるかどうかは問わない)
B 気分爽快だったりよく活動できたりした経験がない。
 (※もし気分爽快な期間があったら、単純なうつ病ではなく「躁うつ病」という別の病気の可能性がある)
C 上記の A. の症状のせいでとても苦しい思いをしているか、仕事や家事をするのに困るほどつらい
D 上記の A. の症状は、薬の副作用や薬物濫用ではなく、体の病気による症状でもない
E 上記の A. の症状が愛するものを失った後も2ヶ月続いている。

                 DSM-IVの診断基準から




-うつ病の見分け方